彼女の行方(その16)

彼女が再び、僕の前から姿を消して一ヶ月が過ぎました。

僕は都心から離れた、老朽化した木造の賃貸アパートに引っ越しました。
何処かの設計事務所に就職しようかとも考えましたが、誰かの指示で動くことに
抵抗があって、選択肢から外してしまいました。
その代わり、どんな仕事でも引き受けました。
図面のトレース、訂正、現場の調査。誰もが嫌がる、けど誰かがやらなければいけない、
そういう仕事が、どこの世界にもあるのです。僕はそれらの仕事を
進んで引き受け、短時間で仕上げました。単純な作業だけに、心をいつもサキに奪われました。

僕は、彼女と過ごした時間の事を想いました。彼女と毎週水曜日に打ち合わせをしました。
僕らの間には、出来上がったばかりの図面があって、二人で向かい合って、
サキの要望を赤鉛筆を使って図面に書き入れました。
僕らは時間の許す限り、意見を交換しました。時には真夜中になることもありました。
訂正で真っ赤になった図面を事務所に持ち帰り、法規とディテールをチェックし、CADで図面化しました。
翌週の火曜日までその作業は続けられました。そして、水曜日にサキの待つケアハウスに持参しました。

「流石だわ」と言ってサキは僕を労いました。
「流石、建築家。私と建物を熟知している」
僕は彼女の、多少過大評価された言葉を支えに、あの頃生きていたのかもしれません。

「現実」と思いました。
彼女が富岡の愛人というのなら、現実に、そうなのでしょう。
僕が、基本プランを最初に富岡の事務所に持って行った日の、サキの疲れた顔を思い出しました。
彼女はあの日も、富岡に抱かれていたのかもしれません。
現実。哀しい言葉。
[PR]

by haru_ki_0207 | 2006-08-18 00:28 | ショートストーリー  

<< 彼女の行方(その17) 彼女の行方(その15) >>