免許更新

免許更新に行って来ました。
僕は優良ドライバーなので5年毎の更新です。
全国統一だろうと思うけど、免許の更新って誕生日の一カ月前にありますよね?
(現在は優良ドライバーのみ誕生日の前後一カ月、70歳以上は更新の猶予が3カ月になってるみたいですけど)
ということは、この会場に集まってる人達って誕生日の近い集団なんだよね。
あっちにも、こっちにも2月生まれの人達が集まっている。
ちょっと考えると怖い気もするし、僕と同じ誕生日の人がたくさん居ると思うと嬉しい気もする。
毎朝の占いカウントダウンを楽しみにしている僕としては、この人達とは運命共同体なんだと思うと複雑。
そんなことばかり考えてたら、とても講習どころじゃなくなりました。


 しかし、毎回のように設備が進歩してるのには驚きます。
癒着してる業者がさかんに売り込んだんだろうな。
なんて思うのは、当たってると思うけど健全な発想では無いかもね。
昔に比べたら、更新手続きは格段に早く、楽になったから。感謝しなくちゃ。

以前は申し込み用紙が複雑で、それを書き込む専門の業者が会場の周りを取り囲むように点在してたけど、
今じゃあ、名前を書き込むだけでOK。データがあらかじめ入力されてるみたいでプリンターが勝手に書き込んでくれます。
お陰でその手の業者は跡形もなく消えてました。写真も、昔は一枚持参だったよね?確か。
今じゃあ、その必要も無いし(というか以前は何の為に必要だったんだろう?免許証に付ける写真は会場で撮ってたし)


新たに導入されてたカメラはデジタル化されていて、その場で職員が確認出来るようになってました。
確認といっても本当の意味での確認で、目を開けているかとか、顔の向きとか、
髪が目にかかっていないかとか、そういう作業なんだけど。
こっちは5年もその写真を使うんだから、もうちょっとセンスのある人に撮ってもらいたい。
そういうことにお金を使って欲しい。
税金って、人にかけないよね。差別にでもなると思ってるのかな?



免許の更新。結局、誰のためにやってんだか。
[PR]

by haru_ki_0207 | 2005-02-06 00:36 | 雑記  

<< 片思い ファックス >>